2007年12月30日

もつ焼き「宇ち多゛」

20071230_nikomi.jpg

 昨日のアド街ック天国は京成線タウンでした。紹介された中で最も私が愛している店が、もつ焼き「宇ち多゛」。4位「大衆酒場」の中で「江戸っ子」とともに登場です。もつ焼き「宇ち多゛」については、こちらのサイトをご覧下さい。

宇ち入り倶楽部

 私が宇ち多゛に行くのはいつも土曜日です。平日は店の開いている時間に行けません。以前は自転車で行っていたこともありましたが、酒気帯びにおおらかな時代は終わったので、今は電車を乗り継いで京成立石に向かいます。

 京成立石は自転車ではさほど遠くないのですが、電車では最悪の場合1駅毎に3回乗り換えなければならないので大変です。
■亀有>金町(徒歩)京成金町>京成高砂>青砥−京成立石

 宇ち多゛ではいつもビール(小瓶)と煮込みでスタートします。タンナマがあれば頼みますが、開店時に並ばない限り売り切れています。アルコールを焼酎の梅割りもしくは葡萄割に切り替えて、多彩なもつ焼きを楽しみます。2皿4本を食べたあたりでだいこんを注文。口をさっぱりさせたあとでラストスパートです。

 焼酎は5杯までということになっていますが、私は3〜4杯で泥酔です。5杯まで飲んだことはありません。ちなみに数を誤魔化そうとしても、店のおっちゃんはしっかりチェックしています。

ビール(小瓶) 340円
煮込み     170円
もつ焼き 4皿  680円
だいこん    170円
宝焼酎 4杯   680円
合計      2040円

 私が宇ち多゛で呑んだ場合の標準的な支払いはこんな感じですね。2000円でフラフラになるまで呑めます。

 昨日のアド街では、なんと私の知っている人が画面に映っていました。ナレーションが「裏メニューがある」ことを知らせたあとに「シロミソ」を頼んでいた客は、まさしく元上司のYさんじゃないですかっ!!

 実は以前Yさんを宇ち多゛で見かけていました。もつ焼きを注文するタイミングをつかめない私と違い、「Yさん○○でいい」と席に着いた瞬間に店員から声を掛けられるその堂々たる常連っぷりに感動したものです。

 あぁ、タンナマが食べたい。


posted by あめ男 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。