2008年09月26日

三郷生活保護裁判 第5回口答弁論

 9月24日に三郷生活保護裁判第5回口答弁論が行われました。が、今回は仕事でトラブルが発生したため傍聴に行くことができませんでした。とういわけで、裁判の様子はいつも詳細なレポートをしてくれるみどりさんのブログでご確認下さい。


労働組合ってなにするところ?『三郷生活保護裁判第5回口頭弁論』


 今回は吉永純花園大学准教授の意見書にもとづく主張が行われたようですね。これまで主張してきた内容を、吉永准教授の意見書で補強したということでしょう。

 注目すべきは、裁判長が三郷市に対して意見を求めたということですね。保護の必要性を認めなかった平成17年と保護を開始した平成18年では、どのような事情の変化を認めて保護開始の判断をしたのか?

 この点について、原告側は同じ状況であったと主張しています。つまり「平成17年は原告一人でやってきたから適当にあしらったけど、平成18年は弁護士の付き添いがあったから保護申請を認めたんでしょ?」ということ。

 これまで裁判長がしゃべるのは日程調整の時だけだったので、何を考えているか見えなかったのですが、一応原告側の書面には目を通しているようです。まともな判断を期待します。

 しかし傍聴希望者50人程度とは気掛かりです。前回私が抽選に漏れたときは77人でした。それに相変わらず記者席は空席のよう。この零細ブログを見て興味を持った方は、ぜひ次回公判に足を運んでください。で、次回日程は11月26日。もちろん休みを取って傍聴するつもりですが、急なトラブルが発生しないことを祈ります。


■三郷市生活保護裁判第6回口頭弁論
日時:2008年11月26日(水) 10:00〜
場所:さいたま地方裁判所 101法廷
※傍聴券の抽選は9:30から行われます。

■報告集会
裁判終了後、報告会が埼玉弁護士会館で報告集会が行われます。
傍聴券の抽選に漏れた方はこちらにどうぞ。

埼玉弁護士会館
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-7-20
048-863-5255

■関連投稿
三郷市生活保護裁判を支援する会
三郷生活保護国家賠償請求 第2回口頭弁論
三郷生活保護裁判 第2回口頭弁論
三郷生活保護裁判 第3回口頭弁論
三郷生活保護裁判 第4回口頭弁論


posted by あめ男 at 20:13| Comment(2) | TrackBack(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新まだか?
そろそろでは?

待っています。
Posted by 田中洌 at 2008年11月25日 19:46
>田中洌さん
はじめまして。
私がトラックバックを送った方以外で、このブログを見てる人がいるとは思いませんでした。
率直にうれしいです。
明日の第6回口頭弁論は傍聴に行けそうです。
行けなかったとしても、記事はアップします。
今後ともよろしく。
Posted by あめ男 at 2008年11月25日 21:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三郷生活保護裁判第5回口頭弁論
Excerpt: 本日は、三郷生活保護裁判の第5回口頭弁論が行なわれました。 まず、前回に引き続き今回も午前8時から9時まで県庁前で支援を訴える行動を行ないました。9団体25名の参加で、チラシ配りと宣伝カーのマイクで..
Weblog: 労働組合ってなにするところ?
Tracked: 2008-09-28 01:42

三郷生活保護裁判第六回口頭弁論
Excerpt: 本日は、三郷生活保護裁判の第六回口頭弁論でした。 今回は事前の宣伝行動の場所を浦和駅西口に移し(県庁前は埼高教がチラシ配りをしていたからかな?)、9団体20名が参加して行ないました。今回は私もチラシ..
Weblog: 労働組合ってなにするところ?
Tracked: 2008-11-28 17:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。